トリプル・コンバインド・リフト-優れた特徴
破壊+吸引+分解の3段階治療で完治/自信と安心の無料永久保証制度/傷跡の目立たないキレイな仕上がり/4段階麻酔システムで万全の痛み対策
トリプル・コンバインド・リフトとは
ベイザー超音波による確実な治療
まず全体の流れを一見すると、先端機器を多く活用していることがお分かりいただけると思います。ですがこうした機器類は単に「使えば良い」というものではありません。その実力を充分に引き出すためには、豊富な症例に基づいた熟練の技術が必要なのです。
では次に実際の手術の流れに沿って、ご説明していきましょう。
わきが(ワキガ)・多汗症の手術では、ほとんどの方が傷跡を心配されます。もちろん手術となると肌に手を加えることになりますから、その痕跡が「完全に残らない」ということはありません。ですが北村クリニックの治療ではメスを使わず、小さな穴を開けるだけです。そのため大きな「手術跡」が残る心配がありません。
もちろん傷の治り方には個人差もありますが非常にきれいな仕上りで、傷跡はほとんど目立ちません。大きな切開を伴う手術法では、どうしても避けられない手術跡の不安も、北村クリニックならば心配ないのです。
手術はまず局所麻酔から始まります。北村クリニックでは体に優しい「カリフォルニア式局所麻酔」をベースに、いくつかの改良を加えた麻酔法を使用しています。また麻酔と同時に「ハイドロダイゼクション」という処置を行い、皮膚と皮下の汗腺類を軟らかく分離させ、その後の治療を行いやすい状態にしておきます。
麻酔が効いてきたところで、先端に丸みを帯びた特殊な器具で皮膚に直径数ミリの小さな穴を開けます。ここからさまざまな器具を差し込み、汗腺類を破壊・除去していくのです。
北村クリニックでは「ベイザー2.0」というハイテク機器を使用しています。これは最大36000Hz の強力な破壊力に加えて、優れた操作性 を持つ超音波手術器です。
当院はベイザーリポの公式認定を受けています。
最新技術であるコンデンスリッチ、ベイザーは高度な技術と知識が要求されます。
当院は公式認定されたクリニックですので、安心して治療を受けていただけます。
また、北村クリニックは【VASER 4D Sculpt】の認定院でもあります。このVASER 4D Sculpは世界的に有名なDR.HOYOSが開発したもので、彼に直接トレーニングを受けた、限られたドクターしか、手術することはもちろん、名乗ることすら許されておりません。
強力な吸引器で汗腺類をしっかり除去/DEC(高周波機器)で確実な効果を実現します/ファイバー・スコープで奥まで確認し、万全を期します
この「ベイザー2.0」は、簡単に言えば、超音波を発生させる機器です。
超音波そのものは、かなり昔から医療の分野で活用されてきました。また超音波の持つ「選択性」…狙った組織だけを破壊し、それ以外の組織を傷つけずに温存するという特性を活かして、超音波手術器などはさまざまな手術に広く用いられてきました。そして超音波の特性をさらに高め、洗練させた「ベイザー2.0」を、私はわきが(ワキガ)・多汗症治療に採り入れることにしたのです。
「ベイザー2.0」は破壊したい汗腺と破壊してはならない血管や神経といった組織の違いをはっきり見分け、汗腺だけを破壊することができます。これにより、汗腺以外の組織への影響を低く抑えながら、治療できるようになりました。これが北村クリニック独自の方法なのです。
また「ベイザー2.0」では超音波を発生させる先端部分に新たな工夫が施されているため、堅さが異なる組織に対しても、常に安定した効果を発揮してくれます。
さて、「ハイドロダイゼクション」と「ベイザー2.0」、さらに「医療レーザー」で破壊された汗腺類は、きれいに取り除かねばなりません。
それにはカニューレという金属性の細い管を皮膚に開けた穴から差し入れ、さらに吸引器につなげて、掃除機で吸い取るように破壊した汗腺類を取り除いていきます。
カニューレは昔からある手術器具で、用途に応じてさまざまな長さや太さがあります。ですが私はどうも既製品のカニューレに満足できず、穴の角度や大きさを変えて何度も作り直し、もっとも吸引しやすいものを特注しました。それが現在使用している「北村式カニューレ」です。
また吸引器についても一般的なものは吸引力が不十分で(約50Torr)、迅速かつ確実な汗腺の除去には不向きでした。そこで、通常の2倍という強い吸引力(100Torr)を持つものをオーダーし、それを使用しています。これで汗腺類の取り残しがほとんどない確実な吸引を、スムーズに行えるようになったのです。
ここまでの段階で、汗腺類の大部分は取り除くことができます。しかし汗腺類の分布範囲は人によって違い、その外周部は手が届きにくいこともあって、わずかな取り残しはどうしても残ってしまいます。それをきれいに掃除するのが高周波機器「デジタル・エレクトロ・コアグレーター(DEC)」です。これは高密度の高周波シグナルを発生させて組織に作用させ、瞬間蒸発させるハイテク機器なのです。
このDEC には優れた点がいくつもありますが、中でも素晴らしいのが

・ メスやハサミのように組織を傷つけることがない。
・ ミクロ単位の精密な結果が得られる。


という2 点です。
DEC は3.8 メガヘルツ×140 ワットという、高密度で微妙な高周波電流を発生させて、そのエネルギーを汗腺に作用させます。すると汗腺の細胞を瞬間的に破壊・除去することができるのです。繊細な操作が可能ですから、メスやハサミのように誤って周囲の細胞を傷つける心配がありませんし、同時にミクロ単位の精密な結果が期待できます。また処置する際には細菌などによる感染を予防できるというメリットもあります。
「ベイザー2.0」と「医療レーザー」、さらに強力な吸引器による吸引除去。その上でDEC による分解と、何重にも及ぶ処置を組み合わせたことで、北村クリニックのわきが(ワキガ)・多汗症治療は画期的な進歩を果たしました。それまでの治療が「まだかすかに臭う」というレベルだったとすれば、今や「臭いや汗が全く気にならない」というレベルにまで、治療効果を高めることができたのです。
ベイザー超音波とレーザーによる破壊、北村式カニューレと特注の吸引器による吸引。さらに高周波による分解処置という3 つの段階を経て、汗腺類をしっかり取り除いたあとで、北村クリニックではファイバー・スコープによる目視確認を行います。
皮膚を切開する手術と異なり、北村式では皮膚に開けた小さな穴から治療を行います。そのため傷跡の不安はないものの「患部を目で見ながら汗腺類を取り除く」ということができません。
そこで汗腺類が十分に取り除けているか、取り残しはないかを確認するため、ファイバー・スコープを使うのです。
このファイバー・スコープは、アメリカで開発されたもの。皮下に差し込む部分は非常に細くかつしなやかに作られていて、その先端には小さいながら高性能のHILUX ランプとHYPER・HAD・CCD を装備しています。そのため患部のすみずみまで明るく照らし、手術の結果を鮮明な画像として見ることができるのです。
このファイバー・スコープを皮膚に開けた穴から皮下に挿入し、治療の結果に問題がないかを確認します。もしも取り残しがあるようならば、再度、高周波で分解します。この作業を汗腺が十分に取り除けるまで繰り返すのです。
ファイバー・スコープの導入によって、北村クリニックのわきが(ワキガ)・多汗症治療の確実性は、さらに高まりました。今までは見ることができなかった患部の様子を確認しながら治療を行うことで、傷跡の不安を低く抑えながら高い治療効果を得ることができるようになったのです。
「超音波トリプルメリット法」による治療について「無料永久保証制度」を設け、患者様の不安やご心配にお応えしています。術後に何らかのトラブルが発生した場合には必要に応じて適切な処置を行います。もちろん、追加料金は一切いただきません。
治療効果にも絶対的な自信を持っております。万が一、再発した場合にはそれが手術から何年後であっても無料で再手術させていただきます。
保証書も発行していますのでどうぞご安心ください。
さまざまなリフト治療
超音波トリプルメリット法(両わき)¥400,000(税込¥432,000)
料金に関するトラブルにご注意ください。

わきが(ワキガ)・多汗症治療に関しては、料金に関するトラブルが今も後を絶たないようです。中には詐欺まがいの悪質なケースもあるようで、私が患者様から直接伺った範囲でも、このような例がありました。

広告に出ていた治療費用が安かったのでカウンセリングを受けたところ「重症なので割増料金がかかる。」「範囲が広いから保険では無理。」等と言われ、当初の治療費用よりも遥かに高い額を提示された。

治療費用が手頃で、カウンセリングでも人の良さそうな医師だったので治療を受けた。ところが治療の最中に「予想した以上に手術範囲が広くなります。完全に取り除くのに時間がかかりますよ」と言われ、かかった時間分の費用を加算請求された。

「わきが片側2 万円・保険診療」という広告を見て、保険で治せるならと治療を受けた。ところが術後の傷跡が思ったよりも目立つうえ、気のせいかまだニオイが残っているように感じる。費用だけで決めてしまったことを後悔している。


このような例はもちろん「論外」なのですが、患者様の意識としてつい料金の高い安いでクリニックを選んでしまう傾向があるようです。
ですが料金表示が不明瞭で思わぬ追加料金が発生したり、また安いばかりで治療効果が低かったりしたのでは、安心して治療を受けることはできません。また保険診療によるわきが(ワキガ)・多汗症治療は手術法に厳しい制約があるためメリットよりもデメリットのほうが多く、一般的ではないのが実情です。
安心できる治療を受けるためには、「どのような医師が、どのような姿勢で、どのような治療を行うのか」を見きわめることが大切です。
いずれにしても大切なお金を払って治療を受けるのですから、よくよくご検討されてから決断することをお勧めします。くれぐれも「安物買いの銭失い」にならないよう、注意してください。
コンデンスリッチ豊胸に関しまして、お気軽にお問合せ下さい。0120-200-986 カウンセリング予約 メール相談


コンデンスリッチ幹脂肪注入
安易な分院展開をせず、ていねいな治療/フェイスリフト専門クリニックならではの卓越した技術と豊富な症例数/痛みへの万全の対策
当院では「ワキガ・多汗症治療は、患者様一人ひとりに丁寧に行うもの。できる数には限界がある」と考えています。
「東京ワキガ・多汗治療センターは地方にはないのですか?」というお問い合わせを数多くいただきますが、チェーン展開などでクリニックの数を増やしていくことは、「患者様に合わせたていねいな治療」という、より大切な部分がおろそかになってしまう可能性がないとはいえません。
地方にお住まいの皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきたいと思っています。
この方針に共感してくださる方々も多く、北海道から九州・沖縄、さらに遠くアメリカ・ヨーロッパなどの海外からも多くの患者様が訪ねてくださいます。
ワキガ治療は、簡単に見えて非常に細かなテクニックを必要とします。その人の年齢や皮フの厚さなどによって、使用する器具や、その出力レベルなどを微妙に調節しなくてはならないからです。
つまり「一人一人に合わせた丁寧な治療」が必要になるのです。そのためには、豊富な症例から得られる「職人的なカン」が必要となるわけです。
まさに美しいオートクチュールの服を手作りで作るようなイメージで治療が行なわれるのです。
東京ワキガ・多汗治療センターは「日本麻酔科学会」に所属しています。「効果の大きい麻酔法」と言われるアメリカでも先進の「カリフォルニア法」に着目し、さらに独自の改良を加え「カリフォルニア式局所麻酔」が完成しました。
この麻酔法で使用する麻酔薬は浸透圧とPH(ペーハー)値を人間の体液と等しくなるよう調整してありますので、身体に抵抗なく浸透していき、優れた麻酔効果をあげるというわけです。
また原則として点滴で注入していく「リラックス麻酔」を併用します。これは高い鎮静・鎮痛効果を発揮し、手術に対する恐怖感を和らげ、心身をゆったりと落ち着かせる作用になります。
さらに麻酔注射そのものの痛みに敏感な方には麻酔注射の前に「極低温ガス麻酔」を使用することもあります。
これはいわば「麻酔のための麻酔」のようなもので、きわめて低温のガスを皮膚に吹き付け、一時的に感覚をマヒさせて、その間に麻酔注射を打つという流れです。
これにより、あの「チクッ」という痛みも感じずに済むのです。
東京ワキガ・多汗治療センターでは、これら様々な方法を組み合わせた独自の「4段階麻酔システム」を行っています。
麻酔は単に「痛みを取り去る」だけのものではありません。麻酔法ひとつとっても、患者様の負担が少ないということを第一に考えています。
治療に対して強い不安感をお持ちの方も、ゆったりとリラックスした状態で安心して治療を受けていただくことができるでしょう。
目元を若く
ベイザー
わきが手術は何歳からできますか?
A. 当院の場合、今までの最年少は小学校2年生です。臭いが非常に強く、本人も手術を希望しており、治療に協力的であったために手術に踏みきりました。
わきが(ワキガ)・多汗症はホルモンの影響を受けやすいため、治療をするならホルモンバランスが落ち着いてくる18歳以上になってから行うのが理想的です。ですがニオイが強いために学校でいじめに遭うなど、二次的な問題も発生してきます。そうした場合には年齢に関係なく治療を行うこともあります。いずれにせよ本人が治療の内容を理解し、納得のうえで治療に協力的であることが必須です。








コンデンスリッチ豊胸
再発することはないですか?
A. 皮下の汗腺はきちんと破壊・除去すれば、再生することはありません。ですから「超音波トリプルメリット法」でしっかり処置してしまえば、再発の心配はありません。その点については自信を持って治療を行っていますので、まずはご安心いただきたいと思います。 ですが何ごとも絶対ということはありませんので、当院では万が一の場合に備えて術後に保証書を発行し、「無料保証制度」を設定しています。術後に気になることがあれば、どうかご遠慮なく医師までご相談ください。





コンデンスリッチ豊胸
血管や神経を傷つけたりしませんか?
A. ワキの下には腕を動かすための神経や太い血管が走っています。ですがそれらは皮下の深い層にあり、当院のわきが(ワキガ)・多汗症治療によって傷つけてしまうことはありません。



コンデンスリッチ豊胸
術後に注意することは?
A. 手術の場合は術後3 日間、ワキにガーゼをあてて患部をしっかり圧迫固定します。固定のしかたはスタッフからお教えしますのでご安心ください。シャワーは当日からOKですが、患部を濡らさないようにしてください。お仕事は通常のデスクワークでしたら、翌日から大丈夫です。ただし体を使うお仕事の方は、事前に医師に相談するようにしてください。いずれにしても腕を大きく動かしたり、重いものを持ち上げたりといった動作は避けるようにしましょう。激しいスポーツは1 ヵ月間ほど控え、また2 週間ほどは腕の動かし方に気をつけていただきますが、日常生活にあまり支障はないでしょう。原則として入院はもちろん、その後の通院も不要です。








コンデンスリッチ豊胸
アフターケアは大丈夫でしょうか?
A. 北村クリニックでは「治療効果はさらに高く」「患者様の負荷はより低く」を指針として、治療法の改善・改良にあたってきました。その結果として高水準の治療法を確立できたと自負しています。ですが医療行為に「絶対安全、絶対大丈夫」はあり得ません。万一の場合というものは、常に想定しておく必要があります。
そこで北村クリニックでは「超音波トリプルメリット法」について「無料保証制度」を設けるとともに、アフターケアについても万全の体制を整えています。術後にもしも気になることがあれば、どんなことでもご相談いただきたいと思います。
対して万全の体制で臨んでいます。保証書も発行しておりますのでご安心下さい。








コンデンスリッチ豊胸
他院で治療を受けましたが、治っていないようです。
A. こうした悩みとともに当院での再手術を希望される方が、このところ増え続けています。「効果が高いだろうと思ってわざわざ切開法を受けたのに…」という気の毒な方もおられます。 こうしたケースのほとんどは、汗腺類を十分に除去できていないことが原因です。再治療にはより高度なテクニックが必要になりますが、当院の「超音波トリプルメリット法」ならば、汗腺類を徹底的に取り除くことができます。あきらめず、ぜひご相談ください。






北村クリニック
ワキガ多汗症治療は北村クリニック付属東京ワキガ・多汗治療センター
院長 北村義洋
日本美容外科医師会 常任理事

国際美容外科学会会員/日本形成外科学会会員/日本美容外科学会会員/日本麻酔科学会会員
日本脂肪吸引学会会員/日本美容外科学会美容外科専門医

1963年 東京生まれ
1982年 慶應義塾大学理工学部入学
1989年 東京慈恵会医科大学卒業
1989年 東京警察病院形成外科入局。形成外科・麻酔医療を学ぶ。
1992年 東京 八重洲に北村クリニックを開院
北村クリニック 東京都中央区日本橋3-2-5 西鉄日本橋ビル1F フリーダイヤル 0120-200-986
北村クリニックは開院22年、変わらぬポリシー
北村クリニックは開院22年、変わらぬポリシー
北村クリニック ワキガ・多汗症
ワキガ・多汗症に関しまして、お気軽にお問合せ下さい。0120-200-986 カウンセリング予約 メール相談

 

北村クリニック